リハビリ日記by セブン

プロフィール

koony

Author:koony
リハビリ日記へようこそ!
2011年1月に脳梗塞を発症して、左手足に後遺症が残っています。
2015年9月から介護保険の認定で、要介護度がこれまでの要支援1から要支援2に変わって、通所デイサービスの週2回の利用ができるようになったので、これまで以上にリハビリを頑張って、一日も早い自立を目指すつもりです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



”JO-TERRACE OSAKA”へ行ってきました。

大阪の病院で、主人が診察を受けた帰りに、前日テレビで、オープンの様子を見た、大阪城公園駅前に出来たばかりの緑の中の城下町”JO-TERRACE OSAKA”に行ってきました。

場内のロードトレインを利用して、大阪城を眺めながら、東外堀駅で下車をして、徒歩数十分・・・・・

すでに昼食は済ませていたので、早めの夕食として、千房でお好み焼きを食べ、2階の眺めの良いタリーズでマンゴジュースを飲んで、休憩し、帰りはルートを変えて、目の前のJR大阪城公園駅から乗車して、帰宅しました。

お店からはオープン記念のお好み焼きソースを貰ったり、商品券を貰ったりラッキーな一日でした。

明日25日にはトライアスロン大会が開催されるとのことです。

大阪城 jジョウ てらす
千房 tallys
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ
にほんブログ村

片付け中の災難!

IMG_6884[1]
友人から数年前に譲り受けた”らん”の花が、今年も咲きました。

我が家のベランダに唯一残っている鉢植えです。

もっと手入れすれば、見事に成長するのでしょうが、水やりだけなのに、毎年けなげに咲いてくれています。


梅雨の最中ですが、晴れ間が続き、冷房も暖房もいらずの爽やかさにつられて、少しづつでも、かたづけでもしようと思い立って、取り掛かった矢先、物入れの中段辺りから、なにやら重いものが、足先に落ちてきて、イターッ 

幸い骨には異常はないようですが、2本の指先が紫色に腫れあがって、左足は靴も履けません。

今日は、毎月1回、マンションの年長者の集いの”ひまわり会”の開催日でもあり、7月からまたもや長期休暇が予定されている、水中歩行リハビリのプールの日でもあるのですが、まともに歩けそうにないので、水中歩行を断念しました。

久しぶりの情報交換に、足を引きずりながら、スワニーの助けも借りて、集会所まで、出かけました。

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ
にほんブログ村

題名のない音楽会

東京芸大にこの春入学して、大学生活にも慣れ始めた孫娘から、毎週日曜日の午前9時~TV放送している”題名のない音楽会”という番組から、大学の授業風景の取材にきたので、もしかしたら写るかもしれないとの情報が入ったので、スマホ片手にテレビの前で待機していましたが、残念ながら当日放送分には写っていませんでした。

来週も続編があるようなので、次回に期待しようと思っています。

孫は声楽を専攻していますが、他にも邦楽科やオルガン科などいろいろな部門があって、それぞれの一流の設備や素晴らしい教授陣に驚きました。

この恵まれた環境の中で、我が孫娘は今後どのような成長を見せてくれるでしょうか?楽しみです。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ
にほんブログ村

神戸港到着

5月13日(土)、8日間のダイヤモンドプリンセス号の乗船を終えて、神戸港に到着しました。

大きな荷物を抱えて、種々交通機関を乗り換えての帰宅を考えていましたが、息子が車で港まで迎えに来てくれていて、楽々自宅へ帰り着きました。
何度かLINEで連絡を試みてくれたようでしたが、船内へは一切繋がりません。

一度昼食時にご一緒した上海の方は自身のwifi機器をお持ちでしたので、いつでも繋がるようでした。

多くの乗組員(船室係はインド出身だったし、ウエイターさんはフィリッピン人で殆どが東南アジア系の方々のようです)、寄港地に到着するたびに下船して、スマホ三昧で家族と連絡でも???と思いました。

さて、ここで、皆さま最大の興味?かと思われます今回のクルーズ代金を発表します。
クルーズ料金は船室によって異なりますので、スイートやセミスイートやバルコニー付きは高額です。

前回の乗船はバスタブ付きでバルコニーのある船室を利用しましたが、今回は、シャワーのみの窓側客室でした。(立ちっぱなしのシャワー使用は辛いので、フロントデスクに出向きシャワーチェアをお願いしたら船室係のJISMONさんが届けてくれました)

船室には、夜間、寝に帰るだけの活動的な乗船客には内側客室が一番の低料金ですが、初めての乗船時には、やはり海が見える方が良いような気がします。
我々はルームサービスも利用しなかったし、経験上バルコニーはあまり使わないかな~と思います。

早割りとリピーター割り料金利用で、二人でなんと20万円のリーズナブルな価格です。

寄港地での船会社主催のオプショナルツアーには1回も申し込まず、どこでも個人行動に徹しました。

船内有料レストランにも出向かず、泉の湯(有料大浴場)の利用もせず、プロの写真家さんによるスナップ写真の購入もせず、節約につとめました。

張り切って水着持参で乗船したにもかかわらず、1度もプールにもジャグジーにも入らず、ポップコーンを食べながらの大画面TVで映画鑑賞するほどの体力は残っていなくて、以前に比べて船室に戻ってベッドで休憩する時間が多かったような気がします。

それでも、一日二回の船室清掃付きで、食べ放題、ショー見放題のクルーズライフを十分楽しみましたし、何より眠っている間に次の寄港地に到着している楽々さと、私は種々の家事から解放され、夫は茶碗洗いを免れる喜びを何よりのご褒美と考えて、クルーズ旅行にハマってしまいます。

次回クルーズの船上予約は随分お得な制度なので、迷いましたが、二人の体調を考慮して、今回は申し込みは見合わせました。

自宅に帰り着いて、私はデイサービスと水中歩行のリハビリ、夫は、予約をした検査などと畑の野菜の世話の日常に戻りました。

ですが、パソコンでの、クルーズ旅行のバーゲン情報のチェックは欠かしませんので、もしかしたら、またいつか乗船することになるかもしれません(#^.^#)

長きにわたり、つたない航海日誌にお付き合い下さいまして有難うございました。

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

下船地神戸に向けて終日航海

明日はいよいよ下船となりますので、今日は一路神戸港に向けて航海が続きます。
 
まず船内新聞でイベントのチェックから始まります。

9時45分ホイールハウスバーで、クルーズディレクタースタッフと一緒にクイズ(英語版もありますが、、我々が参加したのは日本語版です)を楽しみ、次にシアターで行われたユーモアたっぷりのクッキングショーを見て、11時半からの吹き抜けのアトリウムでの卵落とし大会は愉快でした。
7階から5階まで落とした卵が割れずに無事着地出来るか?
的の近くに着地できたグループが一等賞です。
丁寧に梱包された卵が,割れてなかったら拍手喝采です。
風船を使ったり、ぬいぐるみを使ったり、皆さま色々と工夫をしておられました。

クッキングショー ゲーム

昼食は英国スタイルのパブランチが人気で、揚げたてのフィシュ&チップスとブレッドプディングは最高でした。
英国 ピザ
そのあともプールサイドでピザを食べたり、ゆったりと過ごしましたが、翌日の下船に向けて、夕食前に大きな荷物を廊下に出すようにとの指示があったので、二個のスーツケースのうちの一個をパッキングしてから夕食にでかけました。
後の一個は午後10時までに廊下に出しておくと、船室係の方が運んで下さり、、翌日には船外の決められた場所に置いてあります。
ただし、パジャマや洗面用具等は当日の手荷物として、自分で運びます。

最後の晩餐はエスカルゴやロブスター(食べやすいようにウエイターさんが殻剥きなどのサービスもして下さいました)とデザートはピスタチオのケーキで豪華な食事となりました。

毎晩、夕食を共にした2組のご夫妻とお別れの挨拶をして、最後のシアターで、ショータイムを楽しんで、部屋に戻りました。

エスカルゴ ロブスターピスタチオ
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ
にほんブログ村