リハビリ日記by セブン

プロフィール

koony

Author:koony
リハビリ日記へようこそ!
2011年1月に脳梗塞を発症して、左手足に後遺症が残っています。
2015年9月から介護保険の認定で、要介護度がこれまでの要支援1から要支援2に変わって、通所デイサービスの週2回の利用ができるようになったので、これまで以上にリハビリを頑張って、一日も早い自立を目指すつもりです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



消化器外科を受診

自覚症状がないので、決断を渋っていた、胆石の手術を受ける決心をして、昨日、かかりつけ医の紹介状を携えて、高槻市にある大阪医科大学附属病院消化器外科 内山教授に面会をしてきました。

受付に着くなり、同一人物かどうか確認したいと初診受付へ案内され、すっかり忘れていましたが、もう十数年以上も前に長岡京に住んでいた頃、やはりかかりつけ歯科医から紹介されて、厄介な親知らずを抜くはめになったときに口腔歯科を受診したことを思い出し、随分前のデータまで保存してあるのだなと驚きました。

主人運転ので9時半に病院に到着して、9時45分の予約だったのに、初診受付でカルテを作るのに随分待たされて、約束の時間を大幅に過ぎてしまい、やきもきしましたが、大学病院の患者さんの多さにまず、ビックリ、ようやく順番が回ってきた消化器外科で担当の先生と面談して、実際の手術日を9月7日と決めて、単孔式腹空鏡手術による胆嚢摘出手術で三日程度の入院で済むことや後遺症として下痢しやすくなったり胸焼けしたりすることがあるけれど、大体半年位で症状消滅することや、手術前に、服用中の血をサラサラにする薬を休薬する必要が有ることの説明を受けて、8月に入ってから、10日に手術前のMR検査を受けて、23日に検査結果の説明を受けるための予約を入れて、あと2回 医大を受診することになります。

大勢の患者さんがこの手術待ちをされているらしくて、私は貴重なリハビリを休みたくないとか、同窓会に出席の予定があるとか自分の勝手な都合をつけて、先延ばしにしているのですが、先生側からも、大変混んでいるのでその頃で丁度よいという感じで、結局、手術はあと3ヶ月以上も先の事となります。

待ち時間に周囲を観察をしていて、大体の患者さんの多くはご主人で、付き添いは奥様の場合が多く、私のような逆のケースは稀・・・な感じ。
私の場合も、もし脳梗塞も発症せず、胆石の存在にも気づかずに過ごしていたら、主人に付き添ってもらっての医大での受診等考えななかった事です。

 何はともあれ主人が健康でいてくれる事が、何より有難く、感謝しています。

大きな立体駐車場が併設されているので、駐車場の心配はありませんが、およそ半日掛かりの受診にもかかわらず、なんと医療費は駐車料金より安い270円という金額に驚き、ここでも70才に到達して以来の医療費一割負担の恩恵に預かりました。

午後は恒例のケアマネさんとの☎懇談で、近況報告でした。
いつもブログを見て下さっていて、大体の状況は把握して頂いてるようなので、ここでも、リハビリ日記が役立っているような気がしています。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村