リハビリ日記by セブン

プロフィール

koony

Author:koony
リハビリ日記へようこそ!
2011年1月に脳梗塞を発症して、左手足に後遺症が残っています。
2015年9月から介護保険の認定で、要介護度がこれまでの要支援1から要支援2に変わって、通所デイサービスの週2回の利用ができるようになったので、これまで以上にリハビリを頑張って、一日も早い自立を目指すつもりです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



保健婦さんが家庭訪問!

例年、私は島本町の健康診断を受けていますが、今回の特定健診では、メタボに該当していることが判明して、保健婦さんと個別相談の結果、メタボ解消大作戦!に向けて、ジムに通いながらの緩やかなダイエットに取り組んでいる最中に、不幸にも脳梗塞を発症してしまいました。

久しぶりに連絡が入り、担当の保健婦さんに脳梗塞の発症をお伝えしました所、大変驚かれて、急遽我が家を訪問されました。

毎年、健診を受け、特に異常も見られず、高血圧でもなく、今回の検査結果もすべて正常値の範囲内で推移していて、主人とともにジムにも通い、健康には人一倍気を付けていたはずの私が、どういうわけでこの病気になったのか、今でも不思議に思います。

入院以来、私はご存じの通り、ブログを立ち上げていて、当初の様子を振り返りながら、保健婦さんにも発症時の様子を見ていただきました。

当日の朝、ひどいめまいに襲われて開業医を訪れ。はじめて点滴なるものを受け、さらに高槻病院の紹介を要望して、自分としては充分に対処したつもりでしたが、唯一悔やまれるのは、当日MRIの検査を受けなかったことです。
CTの検査はかろうじてして貰えたのですが、動脈硬化の疑いがあるという診断で、結局その時点では発症の確認は得られず、一旦帰宅となり、翌朝のMRIで発症が確認できたわけです。

患者の立場としてはあの時CTでなくMRIの検査を強く要望していたら・・・もっと軽くて済んだかもしれないと悔やまれてなりません。
その時点では手足はかなり動いていましたので無理からぬこととも思われますが、私がいま声を大にして伝えたいことは、病院の方針もあるでしょうが、もし無駄に終わったとしても、”患者の要望があれば、すぐにMRIの検査を行ってほしい”ということです。
私の場合は、かなり早めの対応で、割に軽く済んだようだとは思いますが、それでも悔しい思いは抜け切れません。

もちろんここまで治していただいた病院には感謝をしていますし、早期のリハビリ開始のおかげで、全く動かなかった左半身が、現在では左半身に麻痺は残っているものの、杖をついて歩けるようになり、何とか家事もできるまでに回復はしたのですが、入院当初の目標でありました元通りの体になって、自分で車を運転したいという夢にはまだまだほど遠いものがあります。

結局、何が原因か特定も出来ず、多分私の実母が同じ病気になったので、体質かもしれないというところに落ち着きましたが、おそらく食生活からくるものが大きいのではないかと推察しています。

まだまだ自宅でのリハビリは続きます。
保健婦さんの指示に従って、食生活の改善に努め、何より再発の予防に気をつけながら被災者ではありませんが前を向いて歩こうと思っています。

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://kkyamazaki7123.blog15.fc2.com/tb.php/106-8a463275
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)