リハビリ日記by セブン

プロフィール

koony

Author:koony
リハビリ日記へようこそ!
2011年1月に脳梗塞を発症して、左手足に後遺症が残っています。
2015年9月から介護保険の認定で、要介護度がこれまでの要支援1から要支援2に変わって、通所デイサービスの週2回の利用ができるようになったので、これまで以上にリハビリを頑張って、一日も早い自立を目指すつもりです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



恵那峡国際ホテル


28日から京都駅発の往復バスの利用で恵那峡温泉まで一泊二日の旅をしてきました。

今回は、休憩をはさんでの片道約4時間の行程ですが、車の運転をしなくて楽ちんなので主人のお気に入りなのです。

例の愉快リゾートから、追加料金無しでホテル発の周遊バスで妻籠宿ツアーに参加出来るとのメール案内が届いたので、かっての主人の勤務地一宮から家族旅行をした思い出のある木曽地方で、懐かしさもあり、昔ながらの宿場町を散策して江戸時代にタイムスリップ、風もなく穏やかな晩秋のひととき、歴史と風情を肌で感じて来ました。

途中立ち寄ったけやき工房で、自宅用に急須の蓋を側に置けるという可愛いお盆とリモコンケースを購入しました。

初日は、木曽川の流れをせき止めた大井ダムのある恵那峡巡りの遊覧船に乗って、殆んど終わりかけた紅葉の岸壁と岩間の水辺に沢山のオシドリが群がっていて、思いがけないバードウオッチングまで楽しみました。

杖を付いての散策と観光で二日目は8000歩を記録。
生憎洋室が満室で、和室のみしか空きがなく、これも立ち上がりの挑戦でしたが、今回の旅も大いにリハビリになりました。

宿の難点は朝食、夕食共、バイキングの食事で、又々体重増加がオソロシイです。

朝食は美味しいごはんの後に、焼きたてのクロワッサンまで勧められて、ついつい食べ過ぎ、周遊バス帰着後の最近始まったばかりの帰りの3時発のバス待ち時間用昼食バイキングはさすがにパスしました。 

ロビーにはインターネットが利用出来るパソコンが設置してあるので、ブログを見たりして、適当に時間潰し出来ます。
フロントでi pod touch の充電器も貸して貰って、バスの中で心配だった帰りの音楽も安心して聞き続けられて、予定通りに夕方7時に京都駅着デシタ。



DSCN2558_convert_20121130074001.jpg
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://kkyamazaki7123.blog15.fc2.com/tb.php/249-08c3e750
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)