リハビリ日記by セブン

プロフィール

koony

Author:koony
リハビリ日記へようこそ!
2011年1月に脳梗塞を発症して、左手足に後遺症が残っています。
2015年9月から介護保険の認定で、要介護度がこれまでの要支援1から要支援2に変わって、通所デイサービスの週2回の利用ができるようになったので、これまで以上にリハビリを頑張って、一日も早い自立を目指すつもりです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



介護保険認定の申請

およそ2年半前に脳梗塞を発症して、左半身麻痺となり、認定が下りて要支援1の恩恵に預かっている介護保険の更新の案内が届きました。

当初、一割負担でお風呂やトイレに手摺りを取り付けて頂けたことは、大変有難く、今も行政に感謝しています。

送迎付きでアットホームなデイサービスで、週一回、運動リハビリと気持ち良いマッサージをこれまで通り受け続けたくて、3回目の更新の申請をするべく、4週に一回の受診日の昨日、主治医に意見書の作成を依頼しました。 

書類を整えて提出すれば、例年通り調査員の方が自宅に審査に来られて、その後、決定が下されるわけですが、主人と二人暮らしの私には、現在は週一回の半日の通所リハビリだけの利用となっています。

毎月定期的に体重測定や握力等を測って頂けるので、毎回その結果に一喜一憂していますが、殆んどの数値が横ばい状態で、特に麻痺側の左半身は手も足も改善している気配がありません。

それについての主治医の意見は麻痺後の機能の横ばいは良い方で、殆んどの場合、悪くなるのが普通ですというお話で、結局、自主トレやリハビリで飛躍的な回復は望めないらしいとの悲観的コメントでチョットがっかりの本日の受診でした。

3年目に突入したデイサービスではラジオ体操時に以前はできなかったジャンプが出来るようになっているし、毎回汗びっしょりになってマシンの使用を頑張っているので、いつか奇跡が起きて元通りに走ったり、階段を駆け上がったり出来る日が来るのではないかと夢見ていたのですが、どうやらそのような事態の発生は望み薄のようです。

もちろん6ヶ月程度経過すれば殆んどそれ以上の回復は望めない事はリハビリ病院入院中やその他の情報から聞き及んでいたことですが、現在は車の運転ができるようになって、大好きな旅行にも行けるようになったし発症当時から比べれば、できることも随分多くなってきたのは、実はチョットした勇気と大胆さの所以だったかのかもしれません。

やはり後遺症は残り、もう元のような体には戻れないのだと痛感して、すっかり凹んでしまいました。
けれど見守りと援助を続けてくれている周りの優しい家族のためにも、へこたれてこれ以上健康を損なうわけには行きません。

我が家でのランニングマシンの継続や水中歩行訓練への参加等のトレーニングを続けて、私なりに望みをつなげる覚悟です。

デイサービスでは他の利用者の方々の目には、もうすっかり回復して何でもできるように見えるようで、もしかしたら認定も外れるのではないかとの声も聞かれる程です。

私自身も、自立の判定が出て、介護認定から外れる程まで回復すれば、どんなに嬉しいことだろうかと思うようになって来ています。

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://kkyamazaki7123.blog15.fc2.com/tb.php/315-cf4990cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)