リハビリ日記by セブン

プロフィール

koony

Author:koony
リハビリ日記へようこそ!
2011年1月に脳梗塞を発症して、左手足に後遺症が残っています。
2015年9月から介護保険の認定で、要介護度がこれまでの要支援1から要支援2に変わって、通所デイサービスの週2回の利用ができるようになったので、これまで以上にリハビリを頑張って、一日も早い自立を目指すつもりです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



今朝気がついたこと。

朝、いつものように顔を洗っていると、いつもは離れて伸びたままになっていて顔に沿わない左手の親指が、ピタリと頬に張りついて、とても洗いやすいのに気がつきました。

脳梗塞を発症以来、やがて3年が経過しようとしていて、それなりにリハビリを続けているものの、そろそろ限界を感じ始めていたところですが、今日は手のひらに水が沢山すくえて、顔が洗いやすくなっていたので、ほんとに薄紙をはがすように少しずつ回復をしている事を実感しました。

思えば、車椅子使用中の発症当時は、全く左手は動かず、入院中は、朝はおしぼりで顔を拭き、食後は自分で薬袋も開けられず、デザートのバナナの皮も向けず、トイレでズボンも下げられずペーパーも切れず、いろいろ看護婦さんのお世話になったものです。

リハビリ病院に転院して、多くの療法士さんの指導でいろいろなリハビリを受けた中、熱心だった担当の作業療法士のFさんのリハビリは特に思い出深く、集中的な左手の訓練で手のひらがピタリと頬に張り付いた感覚を味わった瞬間は、思わず涙が出てきて、あの時の感動はいまも忘れることができません。
当時の私にとっては、神様のような方との出会いでもあり、今でも思い出すたびに感謝の気持ちでいっぱいになります。

だんだんと両手で洗顔ができるようになっていたのですが、いまだに親指だけは離れていて、完全に水をすくえる状態ではなかったのですが、これで左手のひらが完全復活したような気がしています。
けれどまだグーパーのスピードはまだ右手なみではありません。

特にどういうわけか左手人差し指が他の指に比べて遅く開くのが不思議です。

最近のお気に入りのリハビリメニューは、かってスポーツクラブに通っていたときヨガのクラスで受けていた、5本指靴下を履いた足指に手指を差し込んでぐるぐる回したり、マッサージしたりしています。
TVで放送していたのを見て、思い出しながら取り組んでいます。

そして、いつの日かスキップができたり、走ったりできる完全復活の日が来ることを夢見ています。

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://kkyamazaki7123.blog15.fc2.com/tb.php/339-1f612cb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)