リハビリ日記by セブン

プロフィール

koony

Author:koony
リハビリ日記へようこそ!
2011年1月に脳梗塞を発症して、左手足に後遺症が残っています。
2015年9月から介護保険の認定で、要介護度がこれまでの要支援1から要支援2に変わって、通所デイサービスの週2回の利用ができるようになったので、これまで以上にリハビリを頑張って、一日も早い自立を目指すつもりです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



オーロラ撮影成功!

主人が日本から持参した一眼レフと三脚と出発前に参加した説明会でのプロカメラマンのご指導もあって、奇跡的なオーロラの写真撮影に成功しました。

周囲は暗いし最後のチャンスに備えてベッドでウトウトしていたら、キャビン内でのオーロラアナウンス放送がよく聞き取れず、フットワークの軽い主人が、チャンスを求めて船内をウロウロしていたら、5階デッキからオーロラが見えて、慌ててカメラを取りに戻ってきました。

12月8日18時頃、ノルウエーのスボルバルに寄港中、7階デッキでの一時間半の間、空一面に広がる、オーロラは、爆発や、カーテン状やロウソクの炎のような形が雪山の後ろから現れ、くりかえしさまざまな形に変えながら、我々に感動を与えてくれました。
翌日にはオーロラの見えるオーロラベルト帯を出てしまうので、クルーズ5日目の5回目の観賞のラストチャンスにオーロラを観ることができて本当にラッキーでした。

その場に居合わせたグループの人たち皆で喜び合いました。

やはり小さなデジカメでの撮影は無理なようでしたので、撮影終了後のカメラ画面は同行のツアー仲間の注目を集めました。
寄港地観光をキャンセルして、船に残り、撮影準備をして待っていた甲斐があったというものです。

当日は午前中に1922年開通の運河を通過して、午後の寄港地では沿岸急行船博物館を見学しました。

IMG_5022_convert_20131218152857.jpg

IMG_5016_convert_20131218152038.jpg 



にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
IMG_0625運河_convert_20131221155925


IMG_4900_convert_20131223175849.jpg
船の博物館から眺めたフィンマルケン号

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://kkyamazaki7123.blog15.fc2.com/tb.php/366-9b8f6dea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)