リハビリ日記by セブン

プロフィール

koony

Author:koony
リハビリ日記へようこそ!
2011年1月に脳梗塞を発症して、左手足に後遺症が残っています。
2015年9月から介護保険の認定で、要介護度がこれまでの要支援1から要支援2に変わって、通所デイサービスの週2回の利用ができるようになったので、これまで以上にリハビリを頑張って、一日も早い自立を目指すつもりです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



2泊3日の温泉旅行

山口県下関市生まれの私は、今回申し込んだツアーの行き先の尾道・宮島・門司港レトロ・萩・津和野・錦帯橋はすべて既に2~3度は訪問済みの観光地でした。

2日目の朝一番の訪問地の角島は新しく橋ができていたのでバスでアツという間に到着しましたが、青春真っ盛りの、OL時代にグループで、小さな船で海路渡りキャンプを楽しんだ鄙びた場所でしたが、当時の面影は微塵も無く、思い出の場所の特定もできず月日の流れを痛感!!
無人駅の長門二見駅から宇賀本郷駅までの6分間一駅乗車のJRローカル列車はローカル気分満載のおまけ付き設定のようでした。

懐かしの唐戸市場では、鯉のぼりならぬ”河豚のぼり”の泳ぐカモンワーフで海鮮丼の自由昼食を食べ、兄が結婚式を挙げた赤間神宮で耳なし芳一の像を見たのは初めてのことでした。

さらに関門橋で九州まで足を延ばして、門司港レトロでの自由時間の散策はさすが体力の限界で人力車のお世話になり、初めてのお殿様お姫様気分を味わいました。

、一番のおもてなしの宿はTVでも放映された、Sランクの温泉ホテルの湯本温泉大谷山荘2連泊の夕食は”ふぐ叩きサラダ”や”陶板瓦そば”等の郷土料理満載の最高のご馳走で、温泉に浸かること5回に及び、ツアーでなかったらホテルでもっとゆっくりできるのに・・・と心残りな思いです。

最終日3日目は山口県の萩散策の後、山陰の小京都として人気が高い津和野はかって家族旅行で訪れて、多勢の面前で階段から転げ落ちて、赤っ恥をかいた場所です。最後の観光地錦帯橋では夫に助けられながら、欄干につかまりながら5連の橋の往復が精一杯でした。

それなりに懐かしい思いを抱いての2泊3日のバスツアーでの新しい発見は、山口県内の道路脇のガードレールは黄色に塗られていたことです。
ガイドさんによると、ある政治家が海外視察をされた折に、カラフルなガードレールのおかげで、そこでの交通事故が減少したとの情報を得て、山口県でも黄色に変更したとのことですが、白から黄色に変わると隣県から山口県に入ったことが確認できます。

最後は広島から夕方の”のぞみ”に乗車して帰路につきました。
少々、疲れたけれど充実した旅でした。

ふぐのぼり
唐戸市場の河豚のぼり
IMG_1440[1]
萩城下町
大谷山荘
岩国錦帯橋
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ
にほんブログ村


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://kkyamazaki7123.blog15.fc2.com/tb.php/417-a5686215
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)