リハビリ日記by セブン

プロフィール

koony

Author:koony
リハビリ日記へようこそ!
2011年1月に脳梗塞を発症して、左手足に後遺症が残っています。
2015年9月から介護保険の認定で、要介護度がこれまでの要支援1から要支援2に変わって、通所デイサービスの週2回の利用ができるようになったので、これまで以上にリハビリを頑張って、一日も早い自立を目指すつもりです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



孫娘のオープンキャンパス参加に想うこと

夏休み真っ最中の高2の孫娘は、来年の大学受験に向けて、オープンキャンパスの日程を調べて、友人と共に、日帰り上京のため、長男は新幹線の切符の手配を依頼されていました。

高校音楽科で声楽専攻のため、流行りの推薦入試は無さそうで、実力で挑戦する様子です。

思い起こせば、我が長男は出身高校からの指定校推薦だったし、長女は私の卒業生子女枠での推薦で、早々と合格が決まっていたので、あまり受験の苦しみは味わわず?という感じでしたが、私や夫の時代の大学入試では、推薦制度も無く、それなりに受験勉強に励んだ思いがあります。

5人兄弟の中の一人娘であった私は、女の子は大学進学はしなくても良いとの両親の封建的な考え方に、反抗をして、せめて短大へ・・・と懇願の甲斐があって、無事入学後は、当時の住所の山口県下関市から東京まで、今や廃止となった夜行の寝台列車に乗って、何度も往復したものです。(切符を手に入れるのも結構大変でした)
 
上級生2人と下級生2人の火鉢を囲んでの和室の4人部屋での寮生活では、ミッションスクールであったため食事前の礼拝や日曜日の教会通い等に戸惑いながらも、楽しい経験を積み重ねました。
集団生活の中で、たまに回ってくる、全員分のお茶碗洗い当番では、毎回腰が痛くなるという辛い思いをしたことも、今となっては懐かしい思い出です。 

はじめての両親と離れての都会生活は、親の有り難みを知る良い機会となりました。

時代はどんどん移り変わっていきますが、これからまもなく、新しい生活を始めようとする孫娘を含めての若い人たちに、頑張れ!のエールを贈るとともに、残り少ない、家族とともに過ごす時間を、しっかりと楽しみながらも、充実したものにして欲しいと願っています。

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ
にほんブログ村


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://kkyamazaki7123.blog15.fc2.com/tb.php/532-10b5a041
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)