リハビリ日記by セブン

プロフィール

koony

Author:koony
リハビリ日記へようこそ!
2011年1月に脳梗塞を発症して、左手足に後遺症が残っています。
2015年9月から介護保険の認定で、要介護度がこれまでの要支援1から要支援2に変わって、通所デイサービスの週2回の利用ができるようになったので、これまで以上にリハビリを頑張って、一日も早い自立を目指すつもりです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ノルウエーの世界で一番退屈なテレビ

TEDトークの番組内で、トーマス・ヘルムというノルウエーのテレビプロデューサーが、世界で一番退屈なスローテレビの放送が人気を博している秘密を明かしてくれました。

ノルウェーのテレビ番組で、、地域の住民の足でもあるフッティンルーテインという沿岸急行船の船旅を、5日間半にわたって延々と、実況中継で放送し、世界で最も長いテレビドキュメンタりーとしてギネス世界記録にも認定され、国民の20%が楽しむほどの高視聴率が記録されたそうです。
ある高齢の男性は5日間もベッドで寝ずに、テレビの前で過ごされたとの記事もありました。

たまたま季節は違いますが、2014年の冬に、オーロラ見物を目的にした、同じ航路のツアーを体験して、夫は見事オーロラ撮影にも成功して、思い出に残るクルーズとなっているので、懐かしさも手伝って、引き込まれて視聴しました。

殆んど昼間も薄暗い極寒の航海の日々でしたが、船内は快適で、最北の町など各々の寄港地では、ブーツ着用で観光もし、フィヨルドの景色も素晴らしく、魚介類やチーズなど提供される食事の美味しかったことetc……を思い出しました。

今回の撮影は2011年6月16日に始まったとのことなので、北欧の季節は夏で、水辺の人々も楽しげな様子でした。

スローテレビで、これまで放送された内容は、7時間の列車の旅、18時間のサーモン釣り、等ですが、新作は”犬の子育て”を数ヶ月もノンストップで生中継予定だそうです。

ノルウエーでは国営放送曲(NRK)が放送しているようですが、もし日本でこのような、ありふれた出来事を長時間に渡り放送する番組ができたら、どうでしょうか???

私はきっとやみつきになって、テレビにかじりつくだろうと思っています。

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ
にほんブログ村



コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://kkyamazaki7123.blog15.fc2.com/tb.php/548-c40118d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)