リハビリ日記by セブン

プロフィール

koony

Author:koony
リハビリ日記へようこそ!
2011年1月に脳梗塞を発症して、左手足に後遺症が残っています。
2015年9月から介護保険の認定で、要介護度がこれまでの要支援1から要支援2に変わって、通所デイサービスの週2回の利用ができるようになったので、これまで以上にリハビリを頑張って、一日も早い自立を目指すつもりです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長兄夫妻の見舞い

大阪国際がんセンターでの胆管がん摘出手術以来、2週間が経過して、主人の体調もかなり回復したので、3連休の最終日、泉佐野在住の長兄夫妻と連絡をとって、入院中の夫を見舞って頂きました。

時間を打ち合わせて、早めに到着した私は、談話室で、主人と一緒に昼食を済ませて、1階受付に降りて行ったら、高速道路が空いていて、早めに到着したという長兄夫妻は、1階カフェで昼食をとっていたとのことでした。

このように、館内にカフェやレストランやコンビニがあるのも嬉しいところです。

無事にお二人に会えて、13階の個室に来ていただいて、久しぶりの対面が叶い、”思いのほか元気だな!”との兄からの第一声を貰って、夫も大喜びでした。

眺望抜群の大阪城の見える談話室にも案内したり、紆余曲折ののち、こうして最新の設備の整ったがんセンターでの手術にたどり着いたいきさつもお話して、今はこれが正解であったという気がしています。

男兄弟の中の一人娘として育った私は、幼い頃から、父親はじめ皆に可愛がられて育った記憶があり、日頃からの関わり方は、女姉妹とは一味違っていますが、今回も、代表として長兄が見舞ってくれましたので、帰宅後に、九州や下関や東京などに住む他の兄弟たちへのお礼の電話を入れた際に聞く声にも懐かしく、励まされました。

息子は週末、私は月、木の夫の病院見舞いのスケジュールが定着して、これからの暑さを乗り切ろうと思っています。

夫からは、運ばれてくる食事内容の写真が、毎食後、LINEで送られてきます。

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ
にほんブログ村

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://kkyamazaki7123.blog15.fc2.com/tb.php/723-8baf5780
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)