リハビリ日記by セブン

プロフィール

koony

Author:koony
リハビリ日記へようこそ!
2011年1月に脳梗塞を発症して、左手足に後遺症が残っています。
2015年9月から介護保険の認定で、要介護度がこれまでの要支援1から要支援2に変わって、通所デイサービスの週2回の利用ができるようになったので、これまで以上にリハビリを頑張って、一日も早い自立を目指すつもりです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



隣のベッドのおばあちゃんの誕生日

3月29日 (火曜日)は隣のベッドのおばあちゃんの95才の誕生日でした。

大正5年生まれだそうですが、足の骨折が治ったらほんとに100才以上までも長生き出来そうな感じのお元気さです。

飼っているワンちゃんのリードが足に絡まって転んでしまったとの骨折のいきさつをお聞きしたり、毎日、未だ独身貴族の息子さんのお世話をされる主婦でもあられた様子を伺って、耳が少し遠い以外は頭脳は全然衰えていず、しっかりもので前向きで、尊敬出来るし、こんなふうに年を重ねられるといいなといつも思わされています。

お昼に誕生日のご馳走メニューと看護婦さんたちがハッピーバースデーの歌を歌っている所を、私の携帯のカメラで撮影して、少し遅れて来られたご家族の携帯に転送しました。
 私からは、誕生日のプレゼントに手持ちの拡大鏡を差し上げたら、とっても喜んで下さって、面会にいらしたご家族に又々大きな声でご報告。
朝起きてから、恒例の体温測定の時間には、いつも一緒に体温を測るのですが、体温計の字が小さくて良く読めないので、私が見て、教えてあげていたのですが、ふと思いついて、自分で見ることができるかな?と考えて、試して見たら、その拡大鏡を使うとちゃんと見えて、ノートにも書き写すことが出来ましたし、毎朝、その日のリハビリ予定を書いた紙がポストイットでテレビに貼りつけられるのですが、その用紙の字もよく見える事がわかりました。
今までは、毎回、私がホワイトボードに書き移してあげていたのですが、[よく見えるよく見える!!]と大喜びの様子で、これからはご自分で体温の確認も出来ることがわかって私もひと安心。

入院中には、まだ一度も外泊されていないので、私が前に一度帰宅したときに、私の母が着ていたベストをお土産に差し上げたら大変気に入って下さって、毎日のように着ておられます。

まるで母と一緒に暮らしているようです。

地域のお年寄りの見守りボランティアでのお弁当配リと声かけもできなくなっていて、何も、周りのお役にたてることが出来なくなってしまってしょげていた折に、こんなに身近なところで私専用のおばあちゃんが居てくださって嬉しいです。できるだけお役に立ちたいと思っています。

デイルームでの洗濯物たたみなど、よく介護のスタッフからお手伝いの招集がかかりますがいそいそと出かけられる院内での人気者でもあります。

いつも感心するほどベッド上で手足のストレッチ等を含めて意欲的にリハビリをされていて、やる気満々で出かけたリハビリ室から帰ってこられたら、その日の様子を逐一報告されるのですが、たまに担当者のリハビリ内容に付いてシビアな事もおっしゃいます。

二人で部屋で折り紙をして遊んで、昔覚えた奴さんや袴やダマシブネなどを思い出しながら作ったのも、楽しい思い出です。

毎回、食後の歯磨きに行く時には、車椅子に乗っておられるので、歯ブラシセットを置いてある場所に手が届かないので、杖付き歩行の私がいつもそれをとってあげるのが私の役目で、食後の歯磨きタイムはいつも一緒でした。

少しでもお役にたてて、よかったと思う反面、私の退院後、どんな方が隣のベッドに入ってこられるのかな?とあとに残るおばあちゃんのことが少し心配になって来ますが、何事にも、積極的な性格の方ですので誰とも仲良くなさいますし、わからないことは大声で尋ねられるし、病院生活にも慣れて来られているので、そんなに心配しなくても大丈夫かなとも思っています。

ベッドの仕切りのカーテンを開けて、夜寝るとき以外はまるで二人部屋のようにして過ごしていましたので、私の退院後あとに来る方がいい方でありますようにと祈るばかりです。

私の退院の日にはエレベーターのところまで見送って下さって涙のお別れをしました


おばあちゃんにとって、もう一つの嬉しいできごとは入院以来始めて外の空気を吸えたことです。
敷地内に桜の木があって、蕾が膨らんでいるので、ベンチに座って、ながめてきたと大喜びで報告をして下さいました。
明日にも開花宣言が出そうという噂です。

退院後2ヶ月位したある日、我が家にご自宅から電話が掛かって、おばあちゃんも退院されたとのご報告でお互いに大いに喜びあいました。
電話口ではザンネンなことに、あちらからの一方的なお声のみ・・でスムースな会話は不成立。
お顔を見てお話したいし、是非我が家に遊びに来て!とおねがいしたけれどお互い一人では動けない身の悲しさで未だ実現していません。
もう一度お会いしたいなーー



コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://kkyamazaki7123.blog15.fc2.com/tb.php/99-a259db57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)